早見あかりさんといえば、すぐに思いつくのはやはり「ももいろクローバーZ」ですよね?

しかしすでに脱退されていますし、最近では女優さんとしてドラマや舞台で見かける機会も増えてきた感じがします。

そんな早見さんですが、約1年前にご結婚されましたね。

元アイドルでいま本当にノッテいる女優の早見さんを射止めた旦那さんはどんな方なのでしょうか?

職業や顔も気になりますよね?それでは早速確認していきましょう!

スポンサードリンク

早見あかりさんと旦那さん、二人のなれそめは?

ところで早見あかりさんは旦那さんと「どこで」「どんな」接点があったのでしょうか?

アイドルや女優さんと知り合うなんて、一般人の感覚では想像できませんよね?

早見さんのファンとしては、その馴れ初めが非常に気になるところです。週刊誌や雑誌、一部の情報によれば、お二人は早見さんの知人の紹介で出会ったそうです。

早見さんのお友達の知り合いだったということでしょうか。

知り合いからの紹介で交際や結婚にまで発展するケースというのも今となっては珍しいことではないですよね。

記者会見では早見さんは「一般男性」と仰っていましたよね。

本格的な交際をスタートさせたのは2013~2014年頃と言われていますね。

早見さんが18歳くらいの頃のことです。「ももくろ」を脱退して、数年後に真剣交際が始まったということでしょう。

更に驚くこととして、旦那さんはなんと早見さんに4度もプロポーズをしたそうです。

確かにこれほどの美人さんですから、男性が必死になるのも理解できますよね。

三度目の正直ならぬ、四度目の正直で見事早見さんを射止め落としましたことになります。

それにしても、羨ましいですね!四度もプロポーズしたということは、旦那さんは早見さんにそうとうほれ込んでいたことが容易に想像できます。

スポンサードリンク

早見あかりさんの旦那さんの写真は公開されているの?

結論から言うと早見さんの記者会見にもあるように、お相手の男性は「一般男性」ですので、写真は公開されていないようです。

実際、ネットを検索しても早見さんの旦那さんと思われる男性の画像はヒットしません。

だからこそ、余計にどのような容姿なのか風貌なのか、知りたくなるものですよね?

このような女優さんとご結婚されるような男性ですから、間違いなく容姿端麗で高身長だろうと思われます(と、想像しています!)。

旦那さんが勤務されている会社の同僚は早見さんとご結婚されたことをご存知の人もいらっしゃるのでしょうか?

これも想像ですが、いずれはお二人そろってデートや旅行などに出かけるプライベートの様子がインスタグラムやTwitterで公開されるかも知れません。

それを楽しみに待ってみましょう!

スポンサードリンク

早見あかりさんの旦那さんの年齢、職業は?顔はイケメン?

ネットや一部の報道によれば、早見さんの旦那さんの年齢や職業などはある程度判明しているようです。

年齢は30代前半から半ばにかけて、職業は記者会見で早見さんご自身が「一般人のサラリーマン」と答えていたので、ごく普通のビジネスマンとして勤務している方なのだろうと思います。

また、とあるバラエティー番組で早見さんご自身が旦那さんの職業を「装飾関係」と表現していましたから、デザイン関係とかファッション関係のお仕事なのかもしれません。

あるいはインテリア関係かも知れませんね。

早見さんとの結婚式の衣装(ウエディングドレス?)のデザインも旦那さんがされたのでしょうか?

このあたりは、もはや想像するしかできない世界ですが。早見さんの旦那さんの情報については、職業も気になりますがそれ以上にルックスがどんな感じなのか、非常に気になりませんか?

これほど可愛らしい女性を口説き落とす男性ですから、さぞかしイケメンだろうと想像していましたが、早見さんご本人が「似顔絵」を公開していましたよね。

その「似顔絵」によれば、驚くほどのイケメンというよりは温厚で優しい風貌の旦那さんだったのが印象的です。

きっと、ご自宅では仕事から帰宅された早見さんを優しくいたわってあげている光景が目に浮かびませんか?。

スポンサードリンク

まとめ

本記事では「早見あかり」さんの結婚や旦那さんとの馴れ初め、年齢と職業などの情報について扱ってみました。

アイドルとして一世を風靡して、更に女優としてステップアップを遂げて、一般男性と結婚するというまさに順風満帆の生活を送られている早見さん、これからもますます女優としてドラマや舞台、映画などでも見かける機会が増えるでしょう。

お子さんについては、早見さんが男の子と女の子一人ずつが理想と語っていましたから、近い将来そのようなおめでたい話題が報道されるかもしれませんね!これからも輝き続ける早見あかりさんを応援していきたいと思います。

きっと、幸せな家庭を築いていかれることでしょう!