最近こんな目元の悩みはありませんか?

  • 年を重ねるごとまぶたが下がってきたような気がする目が小さくなってきた
  • 目の周りがくぼんで老けて見える
  • 二重が奥二重になってきた
  • 目を大きく見せたい、二重にしたい

そんな方におススメのまぶた専用美容ジェル「リッドキララ」
返金保証がついて、ほとんどリスクなしでお試しできます!



入学式といえば新たな生活がスタートする進学をお祝いする日で、幼稚園や小学校や中学校などそれぞれ年齢も異なりますが、それぞれ新たな生活がスタートするとっても嬉しい日ですね。

そんな新たな1日の始まりとなる入学式を迎えるお子さんには、入学祝を考えている方も多いと思います。

しかし入学祝は、小学校や中学校など年齢によって変わってくるのか、お祝いの相場なども気になります。

さらに誰が入学するのもとっても嬉しいことですが、入学祝はどのくらいの範囲で贈る必要があるのか、またもし入学祝で品物を贈る時にはどんなものがいいのか気になります。

今回は小中高、そして大学入学のそれぞれ違う年齢の子に対しての入学祝の相場や、入学祝を送る範囲やおすすめの品物を紹介していきます。

スポンサードリンク

入学祝いの一般的な相場は?小中高、大学でどう変わる?

入学祝では小学校から大学までそれぞれお祝いを贈ることがあると思いますが、 一般的にお祝い金を贈るのであれば相場はどれ位が一般的となっているのでしょうか。

お相手のとのお付き合いの深さや年齢などによって多少異なってくる場合がありますが、お祝い金を送る場合は5000円から1万円ほどが相場となっているようです。

その中で、年齢に応じて変えている場合が多いようですね。

ただし、血縁関係によってはそれ以上の金額を渡している場合もあるようです。

例えば祖父母からは、小学生に上がるタイミングでランドセルを購入してもらう、などと相場と比べると遙か高額なお祝いになっている場合もあります。

ただ、 姪っ子や甥っ子などの入学式では、相場の5000円から1万円ほどで、普段のお付き合いの深さから値段を変えるというのが一番無難でしょう。

我が家の場合は、 我が子が小学生に上がるタイミングで、片方の祖父母からはランドセルと小学校に必要な物を購入するための金額を少しいただきました。

そしてもう片方の祖父母からは、我が家では学習机を必要ないとお断りしていたので、それ以外で必要なものを購入するために、ランドセルや必要なものを購入するために頂いた金額と同等の金額をお祝い金としていただきました。

祖父母が孫に贈る金額は、 相場よりもはるか高額になっている場合が多いと思いますが、血縁関係やつきあいの深さなどで相場金額のお祝い金で特に問題はないと思いますよ。

スポンサードリンク

入学祝いを贈る範囲は?

我が子が入学式を迎える際には、祖父母からお祝いの品やお祝い金などを頂きますが、私たちのような親世代が入学祝を贈るのはどのくらいの範囲に送る必要があるのでしょうか。

私の中で入学祝は祖父母から孫にお祝いとして、お祝い金やランドセルなどを準備するというイメージがとても強いです。

私も実際に祖父母から我が子にお祝いとして頂いていたのですが、 もし私たちがお祝いを渡す側になるのであればどの範囲まで贈るといいのでしょうか?

基本的に入学祝というものは身内の中で行われるものです。

ですから祖父母から孫に贈るというのが多いと思いますが、姪っ子や甥っ子などに入学祝を贈る場合もよくあります。

仲の良い友人や、職場の人の子供が入学をするとなると、 入学祝が必要なのかと考えると思いますが、一般的には身内ではないので入学祝を贈らなくてもマナー違反ではありません。

入学祝を贈る範囲はどこからどこまでと決めてしまうのはとても難しいことですが、友人や職場の人であっても普段の関係性によっては入学祝を贈る場合もあります。

ただし、もし身内ではない本当に親しい人への入学祝は、あまり高額にならないよう、 身内での入学祝の相場よりも少し低く設定するといいかもしれません。

基本的には身内でも、自分から見て姪っ子や甥っ子までが入学祝を贈るのが一般的のようですが、身内ではなくても本当に親しい人の場合には入学祝を贈ることもあるようです。

身内以外で入学祝を贈らないのはマナー違反ではありませんが、どうしても 入学祝をしてあげたいと感じるのであれば、相手が気を使わない金額で贈ってみてください。

スポンサードリンク

品物を贈るときはどんなものがいいの?

入学祝では現金だけではなく、 品物を贈る場合もありますね。

現金は目に見えて金額が分かってしまいますが、品物であれば金額が分からないのでお祝いしやすいという方もいると思います。

祖父母であればランドセルや勉強机などをプレゼントする方が多いと思いますが、同じものをもらってしまってはとっても困ってしまいます。

身内であれば誰が何を準備するのか話し合いをして、かぶらないようにプレゼントするのが一番無難でしょう。

現金であれば、そのままを相手に渡してそのお金で必要なものを購入してもらうこともできますが、もし品物を贈るのであれば、商品券などもおすすめですね。

また、文房具やそれ以外の学習に必要な道具などは、もし他の人が準備をしていてもいつかは使う時が必ずやってきます。

もらって困らない文房具などもとってもおすすめですね。

また高校生や大学生になってくると、ポーチなどもお勧めです。

これくらいの年齢になってくるとお化粧もされる子が増えてくるので、メイク道具を入れるポーチなども嬉しいですね。

私は高校卒業と大学入学にあわせて、兄のお嫁さんからブランドのメイクポーチを頂きました。

実用性があるもので本当に嬉しかったですよ。

ぜひ参考にして、他の人と被らない品物で、 実用性のある品物で入学祝をしてみましょう!

スポンサードリンク

まとめ

今回は入学祝の相場や、 誰にお祝いをするのか、また品物であればどんな物がお勧めなのか紹介してみましたがいかがでしたか?

入学するというのは本当におめでたいことなので、 おめでとう!という言葉はぜひ伝えたいですが、でも入学祝となるとどこまで贈る必要があるのか悩みますよね。

一般的な相場は一応決まっていますが、やっぱり入学となると必要なものが年齢によっても異なってくるので、 どうしても相場よりも金額が高くなってしまう場合もあります。

相場を参考にしながら、現金ではなく品物で喜んでもらえるものをプレゼントするというのも一つの手かもしれませんね。

ぜひ参考にして心からお祝いしてあげてください!

卒業式・入学式の関連記事

入学式 オシャレに付けるコサージュの色や種類は?

入学式はオシャレな母親に変身 ちょっと差がつく服装のポイントは?!

卒業式の母親 ロングヘアーの髪型まとめ 上品なアレンジもご紹介!

卒業式の母親 ミディアムヘアーの髪型まとめ 上品なアレンジもご紹介!

卒業式の母親 ショートヘアーの髪型まとめ 上品なアレンジもご紹介!