美人キャスターで人気を集めていた皆藤愛子さん、実はバンギャ時代があったという噂が広まっているそうです。

そんな皆藤愛子さんのバンギャ時代を含め気になる音をまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

皆藤愛子さんは浪人して大学合格していた?!

美人キャスターとして人気を集めていた皆藤愛子さん、キャスターを務めるということで高学歴なイメージがありますよね。

そんな皆藤愛子さんですが実は浪人していたという噂があります。

皆藤愛子さん早稲田大学出身ですが、 浪人してまで早稲田大学を受験して合格したのでしょうか?

実は階藤愛子さんは早稲田大学第一文学部に進学しており、アナウンサーの登竜門とも言われている大学に通われていました。

まず結論から言いますと、皆藤愛子さんは浪人したのではなく留年した経験があるのだそうです。

早稲田大学出身の皆藤愛子さんは、大学受験では一発合格されているのです。

留年した経験があることから、どうやら勘違いをされた方も多く「浪人」 という言葉が広まったようですよ。

多くの大学では大学卒業前に卒業論文などを提出しなければいけないことがありますよね。

皆藤愛子さんが通っていた早稲田大学でも、卒業論文を提出しなければいけなかったそうですが、 どうやら皆藤愛子さんは卒業論文の提出期限を間違えてしまったのだそうです。

期限を間違えてしまった結果、 卒業論文の提出が間に合いませんでした。

その結果、留年してしまったというのです。

結果的に浪人して大学に通っていたのではなく、卒業論文の提出が間に合わず留年してしまったのですが、なんとなくおっちょこちょいな性格なのかな?と感じますね(笑)

きっと皆藤愛子さん本人はその時とても焦ったと思いますし、期限を間違えてしまったがために留年してしまったのはきっとショックだったでしょうね。

スポンサードリンク

皆藤愛子さん バンギャ時代は誰のファンだった?

皆藤愛子さんといえばとても美人なキャスターで、清楚なイメージの持ち主ですが、 実はそのイメージとは裏腹にバンギャ時代があったのだそうです!

まずパンギャって何?という方もいますよね。

まずバンギャというのはビジュアル系バンドの熱狂的な女性ファンのことを指します。

皆藤愛子さんは大学時代はビジュアル系バンドのシドというグループの熱狂的なファンだったのだそうです。

大学時代はライブ会場にも訪れていたようで、ライブ会場では目撃情報もあるそうで、今の姿からは想像できませんが本当にバンギャ時代があったのでしょうね。

バンギャは過去形だと思われているようですが、 実は現在もバンギャを貫いているのだそうです。

大学時代と比べると落ち着いているのかもしれませんが、今でもビジュアル系の方と仲良くされているみたいですよ。

スポンサードリンク

皆藤愛子さんは英語得意じゃないって本当?

美人で清楚系の皆藤愛子さん、卒論の提出期限を間違えるようなおっちょこちょいな部分や、 イメージから想像つかないバンギャの皆藤愛子さん、早稲田大学出身でキャスターを務めているということで、非常に頭がいいというイメージがありますね。

さらにキャスターなので英語も得意なはず!というようなイメージもありますが、実は皆藤愛子さんどうやら英語は苦手なのだという噂があります。

皆藤愛子さんは高校生の時にニュージーランドに10ヶ月間留学していた経験があります。

英語が話せるようになっている方は、10代のうちには留学経験する方が多いですが、皆藤愛子さんもそのうちの一人で留学をされていました。

ですから皆藤愛子さんは英語を話すことができるのだそうです。

しかしせっかくニュージーランドに留学して話せるようになった英語も、 近年では英語を話さなくなり英語力が落ちてしまったのだそうですよ。

以前のテレビ出演での英語力を見てみると、あまり発音が上手ではなかったこともありました。

つまり皆藤愛子さんは英語が苦手なのではなく、留学経験があっても英語を話す機会が極端に減ってしまい、英語力が落ちてしまったということなのではないでしょうか。

ですが10代のうちに語学留学している経験もあるので、英語を使った会話をする機会が増えれば増えるほど、留学経験も生かされ改善されていくと思います。

私からしてみれば英語は喋ることができないので、留学経験があり英語力が低下しているといっても、 英語が話せるというのはとてもすごいことだと感じました。

スポンサードリンク

まとめ

皆藤愛子さんの浪人の噂やバンギャ時代について、真相を追求してみましたがいかがでしたか?

今となっては懐かしい話で済まされるかもしれませんが、おっちょこちょいな性格なのか卒業論文の提出期限を間違えて期限に間に合わず留年してしまったのだそうです。

正しくは浪人ではなく留年でしたが、当時の皆藤愛子さん本人は非常にパニックになっていたのかもしれませんね。

また、 清楚なイメージのある皆藤愛子さんですが、イメージから想像つかないバンギャ時代があったことがわかりました。

今でもバンギャを貫いているそうで、ビジュアル系の方と仲良くされているようですよ。

さらにキャスターは頭がいいというイメージがありますが、 皆藤愛子さんは英語が苦手なのではなく、留学経験もあり英語を話すことができるが、英語を話す機会が減って英語力が低下していたのだということがわかりました。

普段から英語を話しているのであれば、上手に話すことができると思いますが、なかなか私生活で英語ばかり使うような生活ではないと、いくら留学経験があっても英語力が低下するのは仕方ないですね。

また英語を話す機会が増えると英語力も上がってくるのではないでしょうか。

ペラペラと英語をしゃべっている皆藤愛子さんを見てみたくなりました!