「反省してまーす」の言葉で一躍有名になった國母和宏(31)氏{元バンクーバーオリンピック日本代表選手}が、大麻取締法違反の容疑で逮捕されたとのニュースが報道されました。

アメリカから大麻を密輸したとのことです。詳しい内容については随時追加していきます。

國母和宏氏とはどんな人で今は何をしているのかなど、まとめてみました。

スポンサードリンク

國母和宏氏のプロフィール

名前:國母和宏

生年月日:1988年8月16日

出身地:北海道石狩市

身長:164cm

職業:プロスノーボーダー

4歳からスノーボードを始めたそうです。そのころは、大人用のスノーボードしかなかったので、父親がスキー板を自作してくれたようですね。

子供のころからバックカントリーなどを滑って独自のスタイルを身に着けたようです。

11歳の時に史上最年少でプロテストに合格し、12歳でバートン・スノーボードとプロ契約を結び、国内外での活動を本格化していきました。

小さいころから周りに敵なしの状態だったんですね。

高校卒業後は北海道東海大学に進学し、選手活動を続けていました。

スポンサードリンク

選手としての成績は?

2003年 バートン・グローバル・オープンの全米オープンで14歳ながら2位となり注目される

2004年 X Gamesに初出場し、4位入賞

2006年 トリノオリンピックにハーフパイプに17歳で初出場するも、実力を発揮することができず予選敗退

2010年 X Gamesで銅メダルを獲得

2010年 バンクーバーオリンピック代表入りに内定した

バンクーバーオリンピックの日本代表に選ばれた國母氏ですが、ユニフォームの着こなし、いわゆる「腰パン」をしたことで世間からかなりバッシングをうけました。当時は国会でも話題にされるくらいでしたね。

バンクーバーオリンピックでの結果は8位入賞という記録を残しています。

スポンサードリンク

國保氏の現在の活動は?

現在は競技者としてではなく、プロスノーボーダーとして動画撮影をして活躍しています。

2016年にはアメリカ専門誌で「ライダーオブザイヤー」に選ばれるなど、世界的に認知度が高まっています。

そんなところに、今回の大麻取締法違反での逮捕の報道はとても残念ですね。

続報を待ちましょう。