最近運動不足になってませんか?

・テレワーク続きで運動不足の方
・外でエクササイズをしたいけど、小さいお子さんがいて中々外出できないママさん
・ヨガを始めたいけど人目が気になる方
・マタニティヨガや産後の骨盤調整ヨガを日常的に受けたい!という方
・ジムやエクササイズ教室に通うのが億劫な方
・近くに男性OKのヨガスタジオがなくて困っていた男性

そんな方におススメのオンラインのヨガ教室「SOELU(ソエル)」
自宅にいながらヨガの指導が手軽に受けられる画期的なプログラム!

無料体験はこちらから↓↓↓


春が近づいてくると、花粉症に悩まされているという方が多いのではないでしょうか。

多くの場合が、症状が出始めてから薬を服用するなどの対策をされている方が多いと思います。

ですが症状が出ているということは、既にアレルギーが引き起こされているということになります。

とても辛い時期を過ごさなければならなくなりますね。

では、アレルギー症状が起こる前からできる対策方法とはどんなことがあるのでしょうか。

症状が出る前、いつから対策をするといいのでしょうか。

今回は花粉症の対策を始める時期や対策方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

花粉症対策はいつからするのがいい?

まず、花粉症と一言に言っても、飛散する花粉の種類がたくさんあるため、いつから対策をするのがベストなのか分かりませんね。

花粉の種類はたくさんありますが、春の花粉症でアレルギー症状が現れる方の中では、スギ花粉がアレルギー症状を起こしていることが多いのだそうです。

このスギ花粉は1月下旬頃から飛散すると言われています。

そして、花粉症対策をするのは、花粉が飛散する約2週間ほど前から対策を始めておくといいのだそうです。

では1月下旬頃から花粉が飛び始める2週間頃前から、どんな対策をすると良いのでしょうか。

抗アレルギー薬を服用する

アレルギー症状が発症してから、薬局などで花粉症の薬を購入するという方も多いと思います。

症状が出てから服用する抗アレルギー薬を、花粉が飛散する2週間ほど前から服用するようにしましょう。

早めに服用を始めておくことで、ピークの時期でも軽い症状で花粉症の時期を乗り越えることができるようです。

我が家では子供が、数年前から突然花粉症を発症し、初めて花粉症になった年は症状が現れてからの治療となったので、なかなか辛い時期になっていました。

翌年からは花粉情報が少しずつ予想されてくる頃から抗アレルギー薬を服用することで、初めて発症した時と比べてもかなり軽い症状で乗り越えることができましたよ。

マスクを着用する

マスクも症状が出始めてからするという方が多いと思いますが、1月下旬には花粉が飛散し始めてきます。

ですから1月から外出時などは特にマスクを着用して外出するように心がけましょう。

鼻の粘膜に花粉が付着しないように予防しておくことで、早めの花粉症対策につながります。

これも我が子も毎年早めにマスクを着用するようにすると、花粉症のピーク時期も症状は多少出ることもありますが、酷い症状はなくなりましたよ。

免疫バランスを整えておく

免疫というのは、体に細菌などが侵入してきても、免疫力があれば、その細菌と戦ってくれます。

しかし、免疫バランスが崩れていると、体内に入りやすく、アレルギー症状が発症しやすくなってしまいます。

これは花粉症だけに限らないことではありますが、バランスの良い食事や睡眠をしっかりとることを心掛けるようにしましょう。

あとはストレスも大敵なので、ストレスを溜めないように、またリラックスする時間も作って、免疫バランスを整えておきましょう。

スポンサードリンク

花粉症対策のマスクはどんなものがいい?

花粉症って毎年辛い時期を過ごしているという方は、時期になるとマスクを着用している方が多いと思います。

しかし、正しくマスクを着用していなければ、マスクをしている意味がなくなってしまいます。

では、マスクではどのように対策すると良いのでしょうか。

普通のマスクでも、マスクを着用していない時と比べると、花粉を体内に取り込む量は格段に減ります。

ですが、マスクの選び方によっては、ほぼ花粉をカットすることができる商品もあるようです。

マスクはコンビニやドラッグストアなどどこでも手に入れることができますが、その中でも性能の良いマスクを着用するようにしましょう。

そして、鼻や顎までしっかりと隠れるようにマスクをし、マスクと顔の肌に隙間ができないように密着させてマスクを着用することで花粉カットにつながります。

さらに性能があまり良くない普通のマスクしてる場合にも、マスクの内側にガーゼを当てておくことで、花粉カットにつながるので効果的です。

ドラッグストアなどで売られているマスクの中でも、花粉などに効果的なマスクを選ぶと安心ですね。

もし花粉などの小さなものをカットできる性能のないマスクであれば、内側にガーゼを挟んで着用してみてください。

スポンサードリンク

花粉症対策のメガネは効果ある?

鼻や口から花粉が侵入するのはマスクで対策することができても、花粉症の時期に辛いのは目の痒みもありますよね。

目の痒みを軽減するには、眼鏡を使用するという方も多いと思いますが、花粉の対策にメガネは効果的なのでしょうか?

普通に普段から使用しているメガネでも、眼鏡をしていない時と比べると、花粉カットにはつながります。

ですが、やはり普通のメガネだけでは完全にカットするのは無理です。

そこで、もしメガネを着用して効果を期待したいのであれば、ゴーグル型の眼鏡を着用するようにしましょう。

普通のメガネと比べても、ゴーグル型の眼鏡のような顔にフィットするメガネの方がさらに花粉カットにつながります。

花粉用のメガネなども販売されていますが、できればメガネとの隙間がほとんどなくなる、ゴーグル型の眼鏡をオススメします。

スポンサードリンク

まとめ

今回は花粉症対策を始める時期や対策方法を紹介してみましたが、いかがでしたか?

症状が出始めてからの対策では、既にアレルギー症状が発症しているということになるので、1月下旬の春の花粉飛散時期から2週間くらい前には花粉症対策を始めてみましょう。

抗アレルギー薬を服用したり、マスクを着用したり、免疫バランスを整えるなどして、花粉症の辛い時期を乗り換えてくださいね。

そして、外出する時などは特に高性能なマスクを、顔にフィットさせるように隙間ができないように着用し、メガネもできれば、ゴーグル型の眼鏡で花粉が侵入しにくくするようにしてみてください。

どうしても対策をしていても、症状が現れることもありますが、全く対策をしないよりはかなり症状が軽減されます。

ぜひ、参考にして、辛い花粉症の時期を乗り越えていきましょう!