春が近づいてくると、毎年花粉症についてよく話題になっていますね。

春はいつも花粉症に悩まされているという方も多いと思いますが、マスクをしたり抗アレルギー薬を服用するなど何かしら対策をされていることでしょう。

最近では花粉症にはヨーグルトがいいと言われるようになっていますが、なぜ花粉症にヨーグルトがいいと言われるようになったのか気になりますね。

本当に花粉症にヨーグルトが効果的なのであれば、 きっと花粉症に悩まされている方は取り入れたいと思います。

そこで今回は花粉症にヨーグルトはどんな効果があるのか、また効果的なヨーグルトの選び方や、ヨーグルト以外にも効果的と言われている食べ物を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

花粉症にヨーグルトは効果あるの?

なぜ花粉症にはヨーグルトがいいと言われるようになったのでしょうか?

花粉症というのは、春だけではなくオールシーズン花粉は飛散していますが、その時期によって花粉の種類が異なっています。

春であればスギ花粉やヒノキ花粉などが一般的ですが、これらの花粉に対して免疫機能が過剰反応しているからこそアレルギー症状が引き起こされることになります。

そのため免疫機能を高めておく必要があるのです。

今のところ花粉症を根本的に治す治療方法などは見つかっていませんが、過剰に反応して発症するアレルギー症状を軽減させることができるのです。

過剰な反応から少し反応する程度まで和らげることができるヨーグルト、実は腸の調子を整えることができるからです。

腸の調子を整えることによって、免疫力向上につながります。

ですから、普段の食生活ではバランスの良い食生活や、適度な運動、 そして十分な睡眠をとることが大切です。

そして整腸作用のある乳酸菌が含まれる食品を積極的に食べるようにすることで、免疫力が向上し花粉症の症状を和らげることに繋がるようです。

花粉症の症状が全く無くなるというのは、 治療法もないため難しいことではありますが、このように普段の食生活に乳酸菌が含まれるヨーグルトを摂取することで、症状を和らげることができます。

是非花粉症に悩まされている方にはオススメの食材です。

スポンサードリンク

おすすめのヨーグルトはこれ!

花粉症の症状を和らげるには、腸内環境を整え免疫力を向上させることが大切だということがわかりました。

腸内環境を整えるには乳酸菌が含まれる食品、 つまりヨーグルトは症状を和らげることができるということがわかりました。

ただ、 ヨーグルトと一言にいってもたくさんの種類があり、どれを選べばいいのか分からないですよね。

たくさん種類があるヨーグルトは、どんなヨーグルトを選んでも花粉症に効果的というわけではありません。

ヨーグルトはたくさん種類があり、 どれもヨーグルトには変わりないですが、商品によって風邪予防に効果的なものや、便秘対策になるヨーグルトなど、 それぞれ何に特化して作られたヨーグルトなのかが多少異なってきます。

つまり花粉症の症状を和らげるのであれば、アレルギー予防に特化しているヨーグルト選ばなければなりません。

R-1

冬が近づいてくると、よくテレビの CM などでも、インフルエンザや風邪予防にR-1を取り入れようと紹介されていますよね。

飲むタイプもあり、 他のヨーグルトと比べると一本の量が少し少なめで、お値段も高めではありますが、外部からの刺激物と戦う細胞を活性化させる効果があります。

インフルエンザの予防などにも効果的と言われているこちらの商品は、免疫力を全体的に向上させることができるので、 アレルギー対策にも効果的だといわれています。

ビヒダスプレーンヨーグルト脂肪ゼロ

こちらは酸味が抑えられている商品で、 脂肪ゼロのタイプは脂肪が気になっている方にもオススメの商品です。

この商品に入っているビフィズス菌 BifiX は、他のビフィズス菌と比べても腸内で増えやすいのが特徴的です。

ですから、ビフィズス菌 BifiX が含まれているこちらの商品は、他のビフィズス菌が含まれるヨーグルトと比べてもより腸が活性化されます。

腸が活性化されることにより、腸内環境も整うのでとても効果的です。

このように腸内環境を改善させることに特化して作られたヨーグルトを選んで、腸内環境を整えてアレルギー症状を和らげてみましょう。

スポンサードリンク

花粉症に効果的って言われる食べ物は他にある?

ヨーグルトは花粉症に効果的だと言われる理由や、おすすめのヨーグルトも紹介してみました。

ではヨーグルト以外では効果的な食べ物はあるのでしょうか?

まずヨーグルトは乳酸菌やビフィズス菌など、豊富な善玉菌が含まれているため、腸内環境を整えてくれる役割があります。

ですからヨーグルトのような発酵食品は、免疫力を向上してアレルギー症状を和らげることが期待できます。

例えば発酵食品であれば、納豆やキムチや味噌などがおすすめです。

これらは美肌効果も期待できるので、アレルギー症状緩和だけではなく、カロリーや脂肪が気になる方にもおすすめの食材ばかりです。

その他、食事からドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸などが含まれる青魚を摂取するようにしましょう。

花粉症はヒスタミンというアレルギー物質の働きにより症状が発症します。

このアレルギー物質の働きを抑えることが、 アレルギー症状を緩和させることに繋がりますが、青魚に含まれている二つの成分はアレルギー物質の働きを抑える効果があります。

この時期には積極的に食事に取り入れるといいですね。

スポンサードリンク

まとめ

花粉症の時期は本当に辛い時期を過ごされている方も多いと思います。

できることであれば根本的に花粉症というものを直したいですが、治療法はまだ見つかっていないようで、普段の生活の中で少しでも症状を和らげるということしかできませんね。

普段の食事でヨーグルトや乳酸菌が含まれている食材、そしてアレルギー物質の働きを抑えることができる成分が含まれた青魚などを積極的に取り入れ、 腸内環境を整え少しでも症状を和らげてみてください。

そして、 少しでも症状を和らげて花粉症の時期を乗り越えていきましょう!