最近こんな目元の悩みはありませんか?

  • 年を重ねるごとまぶたが下がってきたような気がする目が小さくなってきた
  • 目の周りがくぼんで老けて見える
  • 二重が奥二重になってきた
  • 目を大きく見せたい、二重にしたい

そんな方におススメのまぶた専用美容ジェル「リッドキララ」
返金保証がついて、ほとんどリスクなしでお試しできます!



日本気象協会が2020年の花粉飛散量を発表しました。

花粉の飛ぶ量は例年より少ない見込みのようです。

ユリアユリア

毎年花粉症に悩まされている方にはちょっと良い情報ですね!

もう少し詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

スギ花粉が飛び始める時期は?


引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000116-impress-ind.view-000

花粉シーズンが始まる時期

九州・四国・東海・関東の一部:2月上旬
(近畿地方や関東では少ないながら飛び始めている)

本格的に花粉が飛び始める前に早めの対策が肝心ですね。

花粉飛散のピーク時期

東京:2月下旬~3月上旬(例年より早い)
名古屋:3月上旬~中旬(例年より早い)
福岡:2月下旬~3月上旬(例年並み)
高松・広島・大阪:3月上旬~中旬

スポンサードリンク

ヒノキ花粉の飛散時期は?

スギ花粉の飛散のピークが終わると、次はヒノキ花粉が飛び始めます。

ピークは

東京:4月上旬~下旬
名古屋・高松・広島・大阪:4月上旬~中旬
福岡:3月下旬~4月上旬

金沢と仙台は4月を中心としてヒノキ花粉が飛びます。
ただし、飛散する量は他地点と比べると少ないのでピーク時期ははっきりとしていない。

スポンサードリンク

花粉の飛散量の予測は?

九州~関東甲信:例年より少ない(特に九州は非常に少ない)
東北南部:おおむね例年並み
東北北部:やや多い
北海道:やや多い

スポンサードリンク

飛散量の予測はどうやって出してる?

予測の根拠について、花粉の元となる植物が育つには、前年の夏(6月~8月)の気象条件が大きく影響するようです。
気温が高く、日照時間が長く、雨の少ない夏は花芽が多く作られるため、翌年春の花粉の飛散数が多くなるといわれているのです。

花芽は夏の早い段階で育つので、日本気象協会の花粉飛散予測では6月と7月の気象条件を特に重視して予測を発表しているといいます。

まとめ

昨シーズンから見ると、九州~東海にかけて、広い範囲で「非常に少なくなる」。

北陸、関東甲信、東北南部も少ない予想。

東北北部は昨シーズンよりやや多く、北海道と青森では非常に多くなる予想。

しかし、これは昨シーズンの飛散量が例年に比べると非常に少なかったからのようです。

ユリアユリア

花粉が飛び始める時期や量は地域によって異なりますが、そろそろ準備をしておいたほうがよさそうですね。