キレイなお肌に憧れる女性だけでなく、男性から見ても綾瀬はるかさんのきめ細かな ツヤがある肌はつい見とれてしまうほどです。 最近のテレビは高画質化が進み4Kやさらに上の8Kなど、見る側にとっては きれいな画像を見ることができるようになりました。 一方で映される側にとっては大変な時代となりましたね。 そんな時代にも綾瀬はるかさんの肌は衰えるどころかさらに輝きを増しているように 感じます。大画面のアップにも十二分に耐える肌をお持ちのようです。   果たしてどんなスキンケアやメイクをしているのでしょうか? 今回はその秘密に迫りたいと思います。  
スポンサードリンク

綾瀬はるかさんのプロフィール:

・綾瀬はるか(あやせ はるか) ・1985年3月24日生まれの31歳 ・広島県出身 ・身長165cm ・血液型B型 ・女優 ・2000年~活動 ・ホリプロ所属 【映画】 『僕の彼女はサイボーグ』『ICHI』『ハッピーフライト』 『おっぱいバレー』『海街diary』 【ドラマ】 『世界の中心で、愛をさけぶ』 『白夜行』 『ホタルノヒカリ』『JIN-仁-』 『八重の桜』 =====================================
スポンサードリンク

綾瀬はるかさんの肌のアップは本当にキレイなの?

肌がキレイな有名人で常に上位に入る綾瀬はるかさん。 その肌は、透明感があって、キメが細かい印象があります。 化粧品のSK-Ⅱのイベントでは、28歳当時綾瀬はるかさんの肌年齢はなんと19歳だったそうです。 これには皮膚科の先生も驚いていたそうです。 大画面テレビのアップにも耐えられるはずですよね! 以前、あるバラエティ番組でやっていた企画で、「肌がきれいな芸能人は誰か?」 というものがありました。 芸能人のノーメイク顔を毎日見ているリアルなメイクさん200人が、 投票をするという企画が放送されました。 本物のメイクさんたちですから、このランキングには説得力がありますよね。 結果は、綾瀬はるかさんが大差をつけての一位でした。
スポンサードリンク

メイクさん200人が選んだ美肌芸能人ランキング

1位:綾瀬はるか 40票 2位:藤原紀香 23票 3位:桃井かおり 20票 4位:小雪 16票 5位:山田花子 14票 6位:井川遥 12票 7位:春香クリスティーン10票 8位:松島花 8票 9位:松嶋尚美 6票 10位:篠原涼子 5票  
スポンサードリンク

綾瀬はるかさんのメイクアップのポイントは?

基本的にアイメイクは薄めの綾瀬はるかさん。 アイライナーなども太くひくのではなく、まつ毛の隙間を埋めるように 丁寧にメイクしていますね。 また、ポイントの一つとしてアイシャドウも必要以上にグラデーションを重ねて 濃くしない。 アイシャドウを薄めにすることで肌の透明感を引き立てることができるのです。  

どうしたらキレイな肌を保てるの?その秘訣は?

綾瀬はるかさんのキレイ肌を保つ秘訣その①

・野菜をよく食べる まず、綾瀬はるかさんはきれいな肌を保つために、野菜や果物をよく食べているそうです。 体内からきれいな肌を保つのですね。 一般的には肌のきれいさは血行なども関係しているそうです。 血行がよくないと、肌荒れしたり、色味が暗くなってしまうのです。 目の下のクマなどは血行不良が原因で起こることがあります。 血行をよくすることでクマの状態が良くなることが多々あるのです。 野菜や果物を多く摂り、血の巡りをよくすることもきれいな肌を保つためには重要なのです。

綾瀬はるかさんのキレイを保つ秘訣その②

・メイクを残さずきれいに落とす きれいな肌を保つために必要不可欠なこととして、きちんとメイクを落とすことがありますよね。 綾瀬はるかさんは女優という職業柄、普段からメイクをしている時間が長いそうです。 そのことからも肌へのダメージは人一倍大きいと考えられますが、誰よりもきれいな肌を保っていますね。そんなきれい肌を保つために、綾瀬はるかさんはクレンジングを欠かさずに丁寧に行っているようです。  

綾瀬はるかさんのキレイを保つ秘訣その③

・洗顔後はたっぷりの化粧水で保湿 次に綾瀬はるかさんがきれいな肌作りのために行うことは、 洗顔後に充分な化粧水をつけて肌をしっかりと保湿することです。 もともと綾瀬はるかは乾燥しやすい肌だそうですので、 コットンに化粧水を充分に染み込ませたら10分間はパックをしているそうです。

綾瀬はるかのキレイを保つ秘訣その④

・毎日の積み重ねを大事にする そして、綾瀬はるかさんのようなきれいな肌を保つために最も大切なことは、 これらのことを毎日欠かさずに行うということだそうです。 特別な肌ケアをするのではなく、毎日できる大事なことを コツコツと積み重ねるのだそう。 綾瀬はるかさんのようなきれいな肌になるためには欠かせないようですね。   最後までお読みいただきありがとうございます。