女優の北川景子さんといえば、色んな映画やTVドラマ、CMなどで活躍する日本を代表するタレントとして有名ですが、高校はどこを卒業しているの?出身高校はクラーク?
など話題となっています。
今回は、北川景子さんの出身高校や生い立ちなどを調べてみました。
ぜひ最後までお読みください。

引用元:dailynews.sina.com
スポンサードリンク

北川景子さんの出身高校はどこなの?

北川景子さんは1986年8月22日生まれで兵庫県神戸市の出身です。
17歳の時に芸能事務所からスカウトされたのをきっかけに芸能活動をスタートしました。
スカウトした芸能事務所は神戸のモデル事務所だったことから、当初は主にモデル活動から始まったようです。

17歳当時モデル時代の写真
引用元:https://i2.wp.com/marurun01.com
 

北川景子さんが通っていた高校は「大阪女学院高等学校」でした。なんだ?高校はクラーク
じゃないのか?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
実は彼女、最初は「大阪女学院高等学校」に入学したのですが、その後高3の時に
「クラーク記念国際高等学校」へ転校したのです。

SEVENTEENの表紙を飾る北川景子さん
 

最初に入学した「大阪女学院高等学校」は関西でも有名な高校で、偏差値がなんと「65」と
相当レベルが高い高校でした。
その高校はキリスト教系のミッションスクールで、特に英語教育に力を入れているのです。
北川景子さんは英語の発音がとてもきれいで有名ですが、その原点はこの高校に合ったのかもしれませんね。
当時から北川さんはモテモテで、女子生徒に呼び出されて告白されたこともあったとか・・・

実は北川さん「大阪女学院高等学校」に入学した当初は、精神科医になることを目標として勉強していたようです。
でも、17歳の時に芸能事務所にスカウトされ、モデルとして芸能界入りしたため、医者になることは辞めて「クラーク記念国際高校」へ高校3年生で転校したのです。
医者になることを考えている時点でいかに高い学力の持ち主かが分かりますよね!

北川景子さんの卒業アルバムの写真がこちらです。
ちょっとだけギャルの要素が入っていますね。その中にも清楚さが感じられます。

引用元:geki-geki-diet.site
スポンサードリンク

北川景子さんの出身校「クラーク記念国際高校」とはどんな学校?

1992年、日本で6校目の広域通信制高等学校として開校。広域通信制高等学校としては実に25年ぶりの認可。
“クラーク”の名は、三浦雄一郎校長の母校北海道大学のW・S・クラーク博士(札幌農学校初代教頭)にちなむ。
同博士の子孫であるデブラ・Y・クラークより、W・S・クラーク博士の精神を受け継ぐ高校として認知されている。

北海道を開拓したあのクラーク博士の精神に基づいて創立された通信制の高校なんですね。
卒業生には、北川景子さんのほか、F1ドライバーの小林可夢偉さんや俳優の市原隼人さん、
ソチ五輪銀メダリスト(スノーボード)の竹内智香さん、HKT48の指原莉乃さんなど
著名な方たちがいます。
そしてなにより「クラーク記念国際高校」の校長がプロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎さんなのです。85歳になった今でも登山を続けているチャレンジ精神旺盛の三浦さん。
「あきらめずに一歩ずつ進んでいけば、夢は叶う。」
その精神がこの高校にはあるのでしょうね

引用元:https://i.ytimg.com
 
スポンサードリンク

北川景子さんの出身高校のまとめ

北川景子さんの出身高校や偏差値、高校の卒アル写真をご紹介しました。
出身高校については『大阪女学院高校』と『クラーク記念国際高等学校』の2校で、経歴としては「クラーク記念国際高等学校」卒業と言うことでした。
ですが大阪女学院高校は非常に高い偏差値で、北川景子さんの学業レベルの高さが伺えました。
そして高校時代の写真や卒アルは今と変わらず凛とした美しさが垣間見えました。
歳を重ねるごとにますます美しさに磨きがかかっていく北川景子さん。
これからの活躍にも注目していきたいですね!