最近運動不足になってませんか?

・テレワーク続きで運動不足の方
・外でエクササイズをしたいけど、小さいお子さんがいて中々外出できないママさん
・ヨガを始めたいけど人目が気になる方
・マタニティヨガや産後の骨盤調整ヨガを日常的に受けたい!という方
・ジムやエクササイズ教室に通うのが億劫な方
・近くに男性OKのヨガスタジオがなくて困っていた男性

そんな方におススメのオンラインのヨガ教室「SOELU(ソエル)」
自宅にいながらヨガの指導が手軽に受けられる画期的なプログラム!

無料体験はこちらから↓↓↓


新型コロナウイルス騒ぎで最近テレワークとか在宅勤務を行う企業が増えていますね!

テレワークって実際どういう働き方をしているんでしょうか?

そして必要なものは?調べてみました。

スポンサードリンク

テレワーク(在宅勤務)とは?

テレワークというのはICT(情報通信技術)を使って、離れたところから仕事をする働き方なんです。

仕事の種類としては

①在宅勤務(自宅で仕事をする)
②モバイルワーク(好きな所で仕事をする)
③サテライトオフィス勤務(いつもとは違う他のオフィスで仕事をする)

等があります。

その人のライフスタイルに合わせたテレワークを取り入れる企業が増えています。
どのくらい増えているかというと

在宅勤務がおおよそ3割
テレワーク全体では1割少し超えるくらい

徐々に増えつつありますが、最近は新型コロナウイルスの影響で注目されています。
政府でも企業に対してテレワークの積極導入を勧めています。

スポンサードリンク

障害をある方にとってはテレワークで社会との関わりを広げる良い機会となる

テレワークという働き方は移動する負担が少ないため、働きたい方の幅を
広げることができます。

ということは

1)通勤する(移動する)ことが難しい身体障害・知的障害、精神障害などを持つ方
2)仕事の環境に適応困難な発達障害を持つ方

にとっても仕事を通じて社会参加・社会貢献できる良い機会となります。

スポンサードリンク

テレワークで仕事をするには、仕事に対する取り組み方が大切

テレワークで仕事をするために大事なことは、単に仕事をするだけではありません。
仕事の姿勢として、成果を出すことが大事となるのです。
今までは会社に出社し、終業時間まで会社にいれば給料を言う報酬を手に出来ました。
しかしテレワークでは仕事(作業)をしているだけではなく、成果を出さなければなりません。
そういう意味ではテレワークはより成果報酬型に近い働き方が求められます。

仕事に対する取り組み方を再認識する必要がありそうですね。

スポンサードリンク

まとめ

新型コロナウイルスで注目を集めているテレワークですが、テレワークで仕事をするには

仕事に対する姿勢の再認識と自己管理が必要ということがわかりました。

それと合わせてテレワークを始めるにあたってICTの基本、いわゆるWi-Fiの導入が必須ですね。

お得にWi-Fiを導入するならこちらから↓↓↓



それとパソコンにウイルスソフト入っていますか?

入っていても期限が切れていると意味がないですよ!